ホーム 備える

備える

今後起こりえる震災に対してできること

図上訓練で楽しく“防災”リアルに“減災”

減災ファシリテーター 鈴木光ひかりさんに聞く

被災地の村長だったから語れる「希望」

衆院議員、全国災害ボランティア議員連盟会長 長島忠美さんに聞く

家族や友人と確実に連絡をとる方法は? 大規模な災害が発生したとき

大規模災害が発生したとき、避難先でまっさきに気になるのが身近な人の安否です。どこにいるのか、どうしているのかを確実に知るための方法を事前に考えておきましょう。

常時にこそ揃えたい非常食

お腹に優しいさっぱり風味の基本食 災害備蓄用おか...

「警戒レベル」でどう行動? 新防災情報

  「レベル4、全員避難...

企業の取り組み|株式会社イトーキ

建築基準法の規制もあり、その...

ふわふわ笑顔と大切な命を守ろう! 大人も子どもも「無事かえるリュック」

大きな笑顔のカエルのぬいぐるみ、実はこれ、防災リュックです。宮城県石巻市で震災を体験した、様々な世代の方々のアイデアを持ち寄って完成したもの。

非常食を、いざ実食!

ここぞというときに困らない、食から考える防災

防災用品専門店 セイショップ|美味しいものと好きなものを備えることから始めよう!...

「人を助けるのも人。街を復興するのも人。その『人』が動くためには、いつだって美味しい食事が必要だと思うんです」。店長・布山夕紀さんはこう語る。

人と復興|岡本 正さん—「災害復興法学」を提唱する弁護士

法律が「災害後」を生き抜く支えになる

オフィシャルパートナー