ホーム 備える

備える

今後起こりえる震災に対してできること

家族や友人と確実に連絡をとる方法は? 大規模な災害が発生したとき

大規模災害が発生したとき、避難先でまっさきに気になるのが身近な人の安否です。どこにいるのか、どうしているのかを確実に知るための方法を事前に考えておきましょう。

非常食を、いざ実食!

ここぞというときに困らない、食から考える防災

防災用品専門店 セイショップ|美味しいものと好きなものを備えることから始めよう!...

「人を助けるのも人。街を復興するのも人。その『人』が動くためには、いつだって美味しい食事が必要だと思うんです」。店長・布山夕紀さんはこう語る。

「警戒レベル」でどう行動? 新防災情報

  「レベル4、全員避難...

図上訓練で楽しく“防災”リアルに“減災”

減災ファシリテーター 鈴木光ひかりさんに聞く

ひと部屋単位から施せる倒壊防止策―既存家屋も新築も

しなやか構造で阪神淡路大...

もしものときの生活再建入門|番外編・住宅の応急修理制度「一部損壊」への拡大

知っていますか? 被災時の支援制度。その仕組み...

宮城県 多賀城高等学校 災害科学科

防災・減災のリーダー育成を掲げて新設

もしものときの生活再建入門|第7回・企業の社会的責任と防災

知っていますか? 被災時の支援制度。その仕組み...

「災害から学ぶ」を始めよう

  ...

オフィシャルパートナー