『震災リゲインプレス』第35号|いま、東北の地で

『震災リゲインプレス』第35号が発行されました。
前号をお休みして再スタートの今回、テーマは「いま、東北の地で」としました。

東日本大震災から10年を迎えるにあたり、改めて原点に立ち返り、東北のいまを知り/発信していくことを軸にした、その第一歩でもあります。ご協力いただいた皆様に心より御礼申し上げます。

PDF版はこちら 読者プレゼントはこちら

なお、本紙発行を含む活動継続のため、NPO 震災リゲインでは寄付や会員も募っています。 私たちの活動にご賛同いただけるようでしたら、ぜひご検討頂けたら幸いです。


今号の内容

1面

  • 海と森のふるさと 雄勝への想い——藤本和さん
    取材・文=藤田沙智代 イラスト=飯川雄大

2面

  • 新連載 みちのく潮風トレイルを歩く 第1回 長谷川 晋さん(東京都在住)

3面

  • もしものときの生活再建入門  最終回・「半壊の涙」一部は解消されたけれど…
    文=関口威人
  • 新連載 3.11伝承ロードを訪ねて 第1回・震災の記憶を継承し、未来のいのちを守る
    文=相澤久美
  • 読み・聞きあれこれ(書評ほか) 文=佐々木晶二
    • 『永訣——あの日のわたしへ手紙をつづる』
      金菱清(編)、東北学院大学震災の記録プロジェクト(著)/新新潮社刊
    • 『「復興のエンジン」としての観光』
      室崎益輝(監修・著)、橋本俊哉(編著)/創生社刊

4面

  • 【寄付・支援のいま】「震災から10年」を寄付・支援の区切りにしない
    クラウドファンディングサイト「READYFOR」 徳永健人さんに聞く
  • 【行政の取り組み】復興庁——10年の積み重ねを土台に「新しい復興」へ
    取材・文=内田伸一
Share this: