2021年3月11日を迎えて

今日は2021年3月11日、東日本大震災から10年が経ちました。改めて、あの震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、ご遺族や被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

この10年は、誰もにとって本当に多くのことがあった年月ではと想像します。ある見方からすれば短くもあり、別の見方からすれば長くもある。今も忘れたくないこと、忘れられないこと、忘れてしまったこと、そして忘れはしないけれど自分の中で変化してきたこと。また、新たに始まった嬉しいことや大変なことなど、本当に様々だと思います。

あの震災をきっかけに活動を始めた私たち震災リゲインにとっても、同じことが言えます。刻々と変化する震災後の状況や、簡単には進まない復興の現実のなかで、各所での懸命な取り組みを紙面を通じて伝え(あるいは初期には中間支援という形でも)、多様な支援につなげていきたいという思いから活動してきました。けして規模は大きくはない、ささやかな活動ともいえますが、やがて生活再建や防災などの視点も取り入れた情報発信も目指すようになり、今日に至ります。

10年という日々をひとつの区切りとして気持ちを新たにする人々も、あるいは昨日までと同じく日々を精一杯生きる人々もいらっしゃるでしょう。どれもご本人たちにとって本当の、大切な気持ちであろうと思います。私たち震災リゲインも、明日のため、そしてこれからの10年のために一人ひとりに何ができるのかを考えながら、引き続き活動してゆけたらと考えています。今後とも震災リゲインをどうぞよろしくお願いいたします。そして改めて、取材等にご協力してくださる東北の皆様や、お力添え・応援をいただいている全国の方々に深謝いたします。

Share this: