書籍|あと少しの支援があれば 東日本大震災 障がい者の被災と避難の記録

01-srp09_ato_140430

災害からの退避時も、避難生活でも、障害者には多くの苦労がある。本書は、視覚・聴覚障害、車いす利用者や発達障害者など多様なケースに光をあてる。行政の支援も大事だが、地域の助け合いによっても障害者の命を救い、苦労を軽減できるのだ。東日本大震災3年目に今一度この事実に向き合い、「あと少しの支援」を実現したい。(佐々木晶二)


あと少しの支援があれば 東日本大震災 障がい者の被災と避難の記録
中村雅彦 著/ジアース教育新社
1,512円 お買い求めは⇒ お近くの書店で
Amazon

Share this: