震災リゲインプレス第30号|教訓・知見の共有を


今回のテーマは「教訓・知見の共有を 」。
『震災リゲインプレス』第30号が発行されました。

こちらからPDF版もご覧頂けます。
今回も多くの方々のご協力で刊行の運びとなりました。心より御礼申し上げます。
なお、本紙発行を含む活動継続のため、NPO 震災リゲインでは寄付や会員も募っています。
ご検討頂けたら幸いです。

訂正とお詫び

今号の内容

  • 1面  知っておこう  「警戒レベル」でどう行動? 新防災情報
  • 2面  木造 仮設住宅 の可能性 
    • 地元の事業でつくる「木造仮設住宅」の意義 [全国木造建設事業協会が取り組む木造仮設住宅]
    • 福島から移築、仮設住宅に木の温もり [岡山県総社市の「板倉構法」仮設住宅]
  • 3面:
    •  もしものときの生活再建入門  第7回・企業の社会的責任と防災
    •  行ってみよう 
      リボーンアート・フェスティバル2019:復興途上の宮城県牡鹿半島を主な舞台に、アート・音楽・食で交流
    •  読み・聞きあれこれ 
      『震災文芸誌 ららほら』/『アレルギーっ子ママが考えた防災ハンドブック』
  • 4面:
    •  人と復興・防災  防災と復興とがつながる道
      愛媛県松山市 小國恵子さん(女性と防災の会)に聞く
    •  震災リゲインの取り組み
      国境を超えて― 被災からの復興経験を未来に生かす|米国カリフォルニア州から宮城県への視察支援ご報告
Share this: