人が死なない防災

1人が死なない防災

岩手県釜石市での、東日本大震災における小中学生の生存率は99.8%。著者が危機管理アドバイザーを務めたその防災教育の基本は、行政からの避難指示の有無にかかわらず、自分で判断して「逃げる」こと。そして、防潮堤や堤防などのハードに過度の期待をしないこと。全国の洪水や津波に対する備えを考える際、ためになる一冊。(佐々木晶二)


片田敏孝 著/集英社
Amazon

Share this: