復興支援ネットワーク淡路

交わりが希薄になりがちな仮設住宅で餅つき大会支援
交わりが希薄になりがちな仮設住宅で餅つき大会支援

過剰な救援物資が倉庫に溢れ保管に困る。これは阪神淡路大震災の際にも起きたことだった。復興支援ネットワーク淡路島は当時の経験を活かし、そのままでは廃棄処分するしかない物資を宮城県の被災地から引取り、バザーを開催。「余っていた物」は「お金」に姿を換えて再び被災地へ。現地の豆腐屋さんが月に一度仮設住宅に豆腐を届ける資金にするなど、経済再生につなげていく。「こうしてください」となかなか言い出せない。そんな被災者の立場を共有できる、“同じ地域づくりをしている仲間”としての支援。だから一方通行の支援に終わらない。阪神から東北へ、東北から将来へ。 被災経験・支援経験から、「災害に際して本当に必要なこと」を蓄積して発信する活動を応援したい。


復興支援ネットワーク淡路島

Tel: 090-3288-9962

支援金を送る

淡路信用金庫 仮屋支店 普通 口座番号:0292679
口座名:復興支援ネットワーク 淡路島 代表 木村幸一

Share this: